永遠の愛7章(第5回日本武道館) – BLOW UP FOREVER★西城秀樹データウェアハウス

永遠の愛7章(第5回日本武道館)

日程

会場
113東京日本武道館

セットリスト

(注)ここに表記されているセットリストは当時のファンクラブ会報のレポによるものです。

【第一部】

  1. Love Is Beautiful *アルバム『ファースト・フライト』収録曲
     作詞:宮下康仁 作曲:芳野藤丸 編曲:大谷和夫
  2. 君よ抱かれて熱くなれ
     作詞:阿久悠 作曲・編曲:三木たかし
  3. Sweet Half Moon *アルバム『ファースト・フライト』収録曲
     作詞:小林和子 作曲:西城秀樹 編曲:大谷和夫
  4. その愛は *アルバム『ファースト・フライト』収録曲
     作詞:宮下康仁 作曲:西城秀樹 編曲:大谷和夫
  5. ラストシーン
     作詞:阿久悠 作曲・編曲:三木たかし
  6. 哀愁トゥナイト(桑名正博)
     作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:萩田光雄
  7. さよならだけは言わないで(五輪真弓)
     作詞・作曲:五輪真弓 編曲:船山基紀
  8. わかって下さい(因幡晃)
     作詞・作曲:因幡晃 編曲:クニ河内
  9. 帰らざる日々(アリス)
     作詞・作曲:谷村新司 編曲:篠原信彦
  10. ブルースカイ ブルー
     作詞:阿久悠 作曲・編曲:馬飼野康二

【第二部】

  1. You Should Be Dancing(Bee Gees)
     作詞・作曲:Barry Gibb-Robin Gibb-Maurice Gibb
  2. Stay’n Alive(Bee Gees)
     作詞・作曲:Barry Gibb-Robin Gibb-Maurice Gibb
  3. ゲスト・左とん平さんとのコーナー
  4. コパカバーナ(Copacabana/Barry Manilow)
     作詞・作曲:Barry Manilow-Jack Feldman-Bruce Sussman

  5.  作詞:阿久悠 作曲:馬飼野康二 編曲:馬飼野康二
  6. 激しい恋
     作詞:安井かずみ 作曲・編曲:馬飼野康二
  7. 青春に賭けよう
     作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:馬飼野康二
  8. この愛のときめき
     作詞:安井かずみ 作曲・編曲:あかのたちお
  9. 傷だらけのローラ
     作詞:さいとう大三 作曲・編曲:馬飼野康二
  10. I Shall Be Released(Bob Dylan)
     作詞・作曲:Bob Dylan 訳詞:天下井隆二

【アンコール】

  1. セクシー・キャッツ(矢沢永吉)
     作詞:相沢行夫 作曲:矢沢永吉
  2. 恋の列車はリバプール発(矢沢永吉)
     作詞:相沢行夫 作曲:矢沢永吉
  3. 情熱の嵐
     作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:馬飼野康二
  4. ボタンを外せ
     作詞:阿久悠 作曲・編曲:三木たかし
  5. ファンキー・モンキー・ベイビー(キャロル)
     作詞:大倉洋一 作曲:矢沢永吉
  6. セイリング(Sailing/Sutherland Brothers)
     作詞・作曲:Gavin Sutherland

なにも、そんなにショウに凝らなくたって、という意見がないでもないが、日本武道館のような大きな会場には、それにふさわしいショウがあるというヒデキのエンターティナー精神が、そうさせるので、前に、ヒデキには武道館が良く似合う、という話を書いたのも、この馬鹿でっかいホールの機能を十分に活用しようと努力するのは、まず、ヒデキ以外に見当つかないからである。

福田一郎氏

かつての若い獅子の雄叫びにも似た直感的な表現から生まれる爆発的な迫力とか、若い「性」や「生の力」とかいうものを肉体ごと感じさせるあのエネルギーを、「静」の方向へ転嫁することで燃焼しているように思えるのである。
‥‥‥
秀樹の歌の変貌を「隴を得て蜀を望む」気概と、解したい。一つの望みを達しないまま他を望む傾向だけが強い中にあって、見事な「変貌」なのである。。

佐藤泉氏

秀樹よ、これ以上、あまりうまくなる必要はない。
それより、いまの爆発力を、いくつになっても失わないこと、そのほうがずっとずっと大切ではなかろうか。

安倍寧氏

彼はデビュー以来、激情のメッセンジャーだった。焦熱の伝道師だった。彼は終始一貫、自分の身体を、声を犠牲にして、若い活力を訴え続けてきた。彼は自分の五体を切り刻みながら聴、観衆に奉仕続けてきたともいえよう。更にいえば、彼にとって歌い、演ずることが、彼の青春の証しであった、といっても差し支えあるまい。

小倉友昭氏

関連資料

雑誌記事
提供:@NYG-RARさん
雑誌『プチセブン』記事
提供:@NYG-RARさん
雑誌記事(1)
提供:@reimeiさん
雑誌記事(2)
提供:@reimeiさん
ファンクラブ会報 – LOVE vol.24
提供:@ミールさん/@Natalieさん
ファンクラブ会報 – LOVE vol.24
提供:@ミールさん/@Natalieさん

関連メディア

永遠の愛7章
LP
永遠の愛7章

パンフレット他

チケット
提供:@🌈そらさん
大阪厚生年金会館フライヤー
提供:@NYG-RARさん

Please wait while flipbook is loading. For more related info, FAQs and issues please refer to DearFlip WordPress Flipbook Plugin Help documentation.

協力:@DJやすぽんさん(資料スキャン:@299さん)/@🌈そらさん

コメントは承認後に表示されます。また公開されるのは「お名前(投稿名)」とコメントのみで、「メールアドレス」は公開されません。

2件のコメントがあります

  1. 三戸田順子

    私は秀樹のレコードの中でこの永遠の愛7章が一番好きです
    当時子育て真っ只中で主人の両親と商売で忙しい日々を送っていました
    主人が秀樹に焼きもちを妬いてたと最近聞きました
    金婚式もすぎ秀樹の沼に落ちていた私にこのレコードは仮想恋愛でした
    今テレビの中には秀樹を超える様な歌手はいません
    アイドルよりも本格的なひとを育てて欲しいです
    70歳を超えたおばあちゃんの青春時代でした
    ありがとう秀樹

    1. yuc@etoile

      ステキなお話を聞かせてくださって、ありがとうございます。
      一人一人の人生と共に心の中に今でも息づくヒデキの姿…「ありがとう」という思いでしかありません。
      これからもその思い、大切にしていきたいですね。

コメントを残す